福井-2.jpg ・ 静岡-2.jpg

お 願 い

 先般、愛知県在住の有志で、「原発に依存しない新しい日本の創造に向けて」というアピールを出しましたが、その後、多くの方から、「自分たちにも何か参加できることはないか」と望まれました。

 一方、原発推進派は、まだ福島の事故が収束していないのに、停止中の原発の運転再開を狙っています。付け焼き刃の安全対策(水素爆発しないように原子炉建屋に穴をあける電気ドリルを用意するとか)を施して、「もう大丈夫、安全」と言っています。ご承知のように、保安院や経産省が原発立地の都道府県へ運転再開のオルグをして回っています。
 今、1つのカギを握っているのが原発立地の都道府県の知事さんたちです。原子力安全協定があるので、実質的にも、知事の同意がないと停止した原発の運転再開はできません。これまでは、素直に国策にしたがってきた知事さんたちですが、福島県の惨状を目の当たりにして、今、迷ったり、困ったりしています。

 そこで、アピール後の運動として、静岡県と福井県の知事さん宛てに、「原発の運転再開を認めないで!」という絵はがきをつくりました。このはがきが毎日のように、あちこちから届けば、知事さんも少しは励まされ、心が動くかも知れません。また、このはがきが多くの人の手に渡ることによって、脱原発への賛同を増やしていくこともできると思います。
 絵はがきは、2種類(静岡県用と福井県用)あります。
 イラストは、DAYS・JAPANに載っていた橋本勝さんの素敵なイラストを使うことの快諾を得ました。

 1セット(2種4枚)を100円で販売します。このはがきに50円切手を貼って出すという簡単な「ワンコイン意思表示」です。子どもがお小遣いでも参加できるキットになりました。見本として、1セット同封しましたので、まずお使いください。そして、まわりにお声をかけて、販売やご利用をしていただければありがたいです。
 ご注文は、FAX(052-962-0138)又は電話、メール(mnoma21 @yahoo.co.jp)にてお願いします。代金は後日で結構です。
 今、市民にできることは小さいのですが、何もしないでいれば、また流されてしまいそうなので、ご一緒に頑張りたいと思います。
よろしくお願いいたします。

       2011年6月28日

野 間 美 喜 子